「 神経内科 」一覧

スポンサーリンク
錐体路とは?イラストを用いて説明します

錐体路とは?イラストを用いて説明します

錐体路の概要を理解する 錐体路は下行性伝道路で、脳の情報を脊髄へ送ります。 錐体路という名称は、延髄にある錐体という場所...

記事を読む

突発性難聴の診断基準と重症度分類について

突発性難聴の診断基準と重症度分類について

突発性難聴の概要 健康的で耳の病気を経験したことがない方が、原因不明で突発的に発症する難聴を突発性難聴といいます。多くは一側性(左右ど...

記事を読む

ギランバレー症候群の症状と予後について

ギランバレー症候群の症状と予後について

ギランバレー症候群とは? 急性の運動麻痺(弛緩性麻痺)を主症状とする末梢神経障害のことをギランバレー症候群といい、英語名の「Guill...

記事を読む

昏睡と昏迷の違いは?意識障害の臨床症状と分類

昏睡と昏迷の違いは?意識障害の臨床症状と分類

意識障害とは? 意識は意識レベル(覚醒度)と認識機能の2つの要素で捉える。両方が正常に保たれた状態を「意識清明」といい、どちらか一方ま...

記事を読む

頸髄損傷者の髄節レベルで可能なADL

頸髄損傷者の髄節レベルで可能なADL

ADLを獲得するには? 年齢・性別・体型・運動能力・既往歴・受傷前の精神状態・合併症の有無・リハビリ開始の時期が、ADLの獲得に影響す...

記事を読む

多発性硬化症(MS)の原因と症状から予後を把握する

多発性硬化症(MS)の原因と症状から予後を把握する

多発性硬化症とは? 多発性硬化症(MS:multiplesclerosis)は、脳および脊髄の支持組織である神経膠細胞(白質)に脱髄斑...

記事を読む

脳に作用する手指の運動と役割(動作別)を理解する!

脳に作用する手指の運動と役割(動作別)を理解する!

脳に作用する手の運動 人間の脳の重さは成人で約1400グラムといわれていますが、その2分の1は手を使用するためのものです。そのため、手を使...

記事を読む

協調運動障害の症状を身体の部位別に理解する

協調運動障害の症状を身体の部位別に理解する

協調運動障害を診る・確認する 運動は多数の身体の部位(パーツ)が関わって実現している。そのため、その中の一部または身体部位間の協調性に...

記事を読む

原因疾患によって異なる協調運動障害の症状

原因疾患によって異なる協調運動障害の症状

協調運動とは? 運動に関わる筋群の適切な組み合わせ、適切な強さ、適切な時間に活動することにより、円滑で効率的な運動が遂行されているとき...

記事を読む

今さら聞けない病的共同運動パターンとは?

今さら聞けない病的共同運動パターンとは?

言葉の意味を理解する 病的共同運動パターンとは単一の運動を分離して行うことができず、他の筋の運動と共同して、ある一定のパターンに沿って...

記事を読む

スポンサーリンク
レグタングル(大)
レグタングル(大)