知ってた?眼球の構造と機能について!

緑色のカラーコンタクト

スポンサーリンク
レグタングル(大)

眼球の概要

眼球は名前の通りに球状であり、サイズは直径で約25cmで体積は約8cmである。眼球鞘に包まれて眼窩におさまっている。その構成は、眼球壁と内部の眼球内容からなる。

眼球壁の構成

眼球壁は表側から外膜・中膜・内膜の3層構造からなる。それぞれの構造を個別に説明する。

外膜とは?

『概要』
外膜は主に密性結合組織からなり、眼球線維膜という丈夫な膜で眼球の形態を保ち、保護している。外膜の構成として、前方の小部をつくる角膜と後方の大部分を占める強膜に分けられる。それぞれの役割を以下に記す。

『構成』
角膜:血管を欠き、無色透明である。主に眼球保護や光を屈折させる機能を持つ。
強膜:血管が少なく、白色にみえる。主に眼球内部を保護する機能を持つ。

中膜とは?

『概要』
眼球壁の中膜は血管が多く、多量のメラニン色素を含み、眼球血管膜あるいはブドウ膜とも呼ばれる。中膜は眼球に対して外部からの光を遮り、さらに栄養を与える。中膜の構成として、脈絡膜・毛様体・虹彩の3つからなり、それぞれの役割を以下に記す。

『構成』
毛様体:副交感神経支配を受ける。水晶体の厚さを調節する機能を持つ。
脈絡膜:感覚神経の分布は無い。網膜に栄養を供給する機能を持つ。
虹彩:瞳孔の大きさを変化させて目に入る光の量を調節する機能を持つ。
※ 虹彩には平滑筋の瞳孔括約筋(収縮すると瞳孔が縮小)と瞳孔散大筋(収縮すると瞳孔が拡大)があり、これらの筋の働きによって瞳孔を縮小や拡大させ、眼球に入る光線量を調節している。

内膜とは?

『概要』
眼球内膜は眼球の壁を構成する3層構造のうち、最も内側の層にある。 内膜のうち、光を感じる部分は後ろ3/4にある網膜視部と呼ばれる場所であり、残りの前1/4は光を感じない部分で、網膜盲部と呼ばれる。内膜の構成に関する、それぞれの役割を以下に記す。

『構成』
網膜:光刺激を視神経を通して脳中枢へ送る機能を持つ。
黄斑:視力および色の識別能力が最も敏感な部分。
黄斑部中心窩:視力が最も良い部分。

眼球内容の構成

『概要』
眼球内容は水晶体・硝子体・眼房水からなる。

『構成』
水晶体:光の屈折または調節の働きをする機能を持つ。
硝子体:眼球の内圧を保ち、形状を保持する。水晶体に栄養を供給する機能を持つ。
眼房:角膜と水晶体および毛様体との間にある腔である。
眼房水:角膜や水晶体に栄養を供給する。毛様体で作られ、シュレム管を通過して排出。

眼球の構成

その他

『瞳孔の反応(反射)』
対光反射:眼に光が入ると縮瞳する反射。
輻輳反射:近いところにある物を見ると縮瞳する反射。
※ 瞳孔の散大を散瞳、縮小を縮瞳という。

『杆体(Rod)と錐体(Cone)の違い』
杆体:暗いところで働く。
錐体:明るいところで働く。色の識別。
※ 覚え方は「明錐理(名推理)」で明るいのは錐体。

『視覚の経路』
網膜→視神経→視交叉→外測膝状体→視放線→視覚野

スポンサーリンク
レグタングル(大)
レグタングル(大)

この記事をシェアする