頸髄損傷者の髄節レベルで可能なADL

脊髄の画像

スポンサーリンク
レグタングル(大)

ADLを獲得するには?

年齢・性別・体型・運動能力・既往歴・受傷前の精神状態・合併症の有無・リハビリ開始の時期が、ADLの獲得に影響するといわれている。また残存機能を十分に活用して目的動作を獲得するには、適切な福祉用具や住環境の整備が必要になる。

この記事の最後に、年齢が中年期までの場合に獲得可能と思われるADL一覧を記載しているが、その前にレベル別の上肢機能を確認してみよう。

上肢機能は損傷レベルにより大きく異なる

【C4レベル】
肩関節の運動のみ可能。

【C5レベル】
肩関節の運動に加え、肘関節の屈曲運動が可能。

【C6レベル】
肩関節および肘関節の運動に加え、手関節の背屈が可能。テノデーシスアクションを用いた把持動作が日常生活で有用である。

【C7レベル】
C6レベルの機能に加え、手関節の掌屈と、肘関節およびMP関節の伸展が可能。

【C8レベル】
C7レベルの機能に加え、手内筋を部分的に動かせることが可能。

実際にレベル別で可能なADL一覧

レベル key muscle 可能なADL
C4 肩甲挙筋 ・タッチセンサーなどのよるナースコールの使用
・チン(顎)コントロールによる電動車椅子の操作
・タッチセンサーや呼気センサーを使用し、環境制御装置によるOA機器やベッド操作
・マウススティックによるパソコン操作
C5A 三角筋
上腕二頭筋
・コの字型ジョイスティックを使用して電動車椅子の操作
・ポータブルスプリングバランサーを使用してページをめくる
・ポケット付き手関節固定装具を使用してのスプーンまたはフォークで食事
C5B 上腕二頭筋
腕橈骨筋
・車椅子駆動用手袋を使用し、室内にて手動車椅子の操作
・顔を拭く、歯磨き
・パソコン操作
・車椅子操作用手袋の着脱
・電話をかける
・リモコンによるOA機器、ベッドの操作
・長座位の保持
・車椅子上で除圧ができる
・両手でコップを持って飲む
C6A 橈側手根伸筋 ・柵を使っての寝返り
・ベッド上での前後、左右の移動
・万能カフを使用してスプーンまたはフォークで食事
・手掴みでも食べられる
・洗顔、整髪、髭剃り
・かぶりシャツ、ループを使用して靴下または靴の着脱
・リングを使用してファスナーの上げ下ろし
C6B 長短橈側手根伸筋
大胸筋
前鋸筋
・プッシュアップができる
・仰臥位からの起き上がり
・側臥位の保持
・車椅子とベッド間の前方移乗
・スライディングボードを使用して車椅子と自動車間の移乗
・ハンドル回旋装置などの改造を施した自動車の運転
・爪切り台を使用しての爪切り
・改良カテーテルを使用して男性は自己導尿可能
・埋め込み式便器への移乗
・長座位で座薬挿入機器を使用して座薬を挿入できる
・ループを使用してズボンの着脱
・殿部の皮膚点検
・自走式シャワーチェアによる入浴
・洗い台への移乗(同じ高さであること)
・ループつきタオルを使用して洗体、洗髪
C7 上腕三頭筋
指伸筋
橈側手根屈筋
・側方移乗
・手すりを持って洋式便器への移乗
・便器での座薬挿入
・浴槽への出入り
C8 手指屈筋  ・箸の使用
・床から車椅子への移乗
スポンサーリンク
レグタングル(大)
レグタングル(大)

この記事をシェアする