免疫反応の働きとメカニズム

免疫細胞を顕微鏡で拡大した画像

スポンサーリンク
レグタングル(大)

免疫の概要

・免疫に関する細胞は骨髄で作られており、顆粒の有無で細胞を分類している。
・免疫はニ種類ある。細胞が細胞を退治する細胞性免疫、それと血漿中の抗体で主役である液性免疫である。

免疫に関する細胞

顆粒白血球

細胞名 役割
好中球 細菌を貪食する作用が強く、貪食した細菌をリソソームで分解する。
白血球の中で一番多く含まれる。(約50~70%)
好酸球 消化管や気管などの粘膜に多く存在し、寄生虫を攻撃して喘息などのアレルギー疾患に関わる。
好塩基球 ヒスタミンを含み、炎症に関与。
白血球の中で一番少ない。(約0~2%)


無顆粒白血球

細胞名 役割
単球(マクロファージ) 好中球以上の大食いで、貪食した抗原情報をヘルパーT細胞におくる
T細胞 細胞性免疫を担う。骨髄→リンパ球→胸腺→T細胞となる。
B細胞 抗体を作り液体免疫を担う。骨髄→リンパ→B細胞となる。
NK細胞 ウィルス感染細胞や腫瘍細胞を退治する(貪食ではない)
NK細胞は常時働いており、キラーT細胞とは役割が違う

※ T細胞、B細胞、NK細胞はリンパ球である。

情報伝達物質
サイトカイン:ヘルパーT細胞が抗原を発見したら産生する物質。細胞間の情報伝達を担う。
インターロイキン:サイトカインの一種。略称はILである。

免疫反応の仕組み

上側が細胞性免疫、下側が液性免疫
免疫反応の仕組み

.マクロファージが貪食した抗原情報をヘルパーT細胞(Th0)に渡す。
.Th1はキラーT細胞を刺激して細胞性免疫を調節する。
  Th2はB細胞を刺激して液性免疫を調節する。
.情報伝達物質であるインターロイキンを分泌し、キラーT細胞に伝達をおくる。
.キラーT細胞は感染した細胞を退治する。
.インターロイキンを分泌し、B細胞に伝達をおくる。
.B細胞は分裂して形質細胞に分化して抗体を生み出す。
.抗体によって抗原の働きを中和し、マクロファージに貪食されやすくする。
.分裂したB細胞の一部は情報を保持しておき、次回の攻撃時に素早く抗体を作ることができるようにする。

スポンサーリンク
レグタングル(大)
レグタングル(大)

この記事をシェアする