認知症の原因疾患と特徴的な症状について

広大な自然の中で途方にくれる認知症の男性

スポンサーリンク
レグタングル(大)

認知症の概要

過去には痴呆症と呼ばれていたこともあり、ご年配の方々からすると認知症よりも痴呆症のほうが馴染み深い名前かもしれません。

さて、認知症とは正常に発達した記憶・学習・判断・計画といった、脳の知的および認知機能が後天的に障害された状態を指します。

認知症の疑いチェックリスト

・日常生活におくることに支障がある。
・明らかな記憶障害がみられる。
・常識を逸脱した行為がみられる。
・失認や失行といった認知機能や遂行機能などに障害がみられる。
・物品の呼称が困難。
・段取りが出来ない。
・etc

障害部位別による認知症の分類と特徴

アルツハイマー型 レビュー小体型 前頭側頭型 脳血管性
障害部位 側頭葉、頭頂葉 後頭葉 前頭葉、側頭葉 まだら
特徴的な症状 ・記憶障害
・見当識障害
・物盗られ妄想
・幻視、妄想
・パーキソニズム
・抗精神病薬に過敏
・人格変化
・自発後の減少
・常動行動
・滞統言語
・感覚障害
・運動障害
・情動失禁
・まだら認知症
人格変化 晩期に崩壊 早期に崩壊 保たれる
病識 なし あり
経過 緩やかに進行 段階的に進行
病理所見 老人班 レビュー小体 ピック病 梗塞巣

認知症の症状

中核症状(全ての認知症にみられる症状)

・記憶障害
・見当識障害
・失語、失認、失行
・遂行機能障害

周辺症状~BPSD~(人それぞれにみられる症状)

・幻覚、妄想
・うつ状態
・不安、焦燥
・興奮、暴力
・不潔行為
・俳回
・異食、過食
・依存
・不眠

認知症の原因疾患

原因 疾患名
神経変性 アルツハイマ型認知症
レビュー小体型認知症
前頭側頭型認知症
・進行性核上性麻痺
・ハンチントン病
脳血管障害
CVA
脳血管性認知症
外傷 ・慢性硬膜下血腫
・頭部外傷後遺症
感染 ・クロイツフェルトヤコブ病
・亜急性硬貨性全脳炎
・進行性多巣性白質脳症
・脳炎、髄膜炎
・HIV脳症
・神経梅毒
腫瘍 ・脳腫瘍
内分泌
代謝
・甲状腺機能低下症
・ウェルニッケ脳症
・アルコール脳症
その他 ・正常圧水頭症

は治る認知症!!

認知症(認知機能)を検査する

下記のリンクから検査の紹介ページに移動できます。
認知機能を検査するMMSEの検査手順と評価用紙

スポンサーリンク
レグタングル(大)
レグタングル(大)

この記事をシェアする