スポンサーリンク
SLRテストとラゼーグ徴候のやり方

SLRテストとラゼーグ徴候のやり方

検査に関する概要 この検査は下位腰椎の椎間板ヘルニアに対する最も重要な疼痛誘発テストである。 ちなみにSLRテストの別名をラゼー...

記事を読む

片麻痺の回復過程を評価するブルンストローム・ステージ(Brunnstrom stage)

片麻痺の回復過程を評価するブルンストローム・ステージ(Brunnstrom stage)

ブルンストローム・ステージの概要 日本のリハビリ分野で多く用いられるブルンストローム・ステージ。これはスウェーデンのシグネ・ブルンスト...

記事を読む

発達障害は親の「教育」や「しつけ」が原因ではない

発達障害は親の「教育」や「しつけ」が原因ではない

誤解されやすい発達障害 他人と関わることを嫌い、独りでいることを好む自閉症スペクトラムは親の「愛情不足」が原因で起こると考えられていま...

記事を読む

動的筋持久力と静的筋持久力の違い

動的筋持久力と静的筋持久力の違い

筋持久力とは? 骨・関節を動かすために重要な役割を担っている筋肉。 その他にも実は血液の循環などの役割などもあったりします。 ...

記事を読む

意識レベルを評価する JCS(Japan Coma Scale)の検査手順・解説

意識レベルを評価する JCS(Japan Coma Scale)の検査手順・解説

JCSの概要 ・正式名称はJapan Coma Scale(ジャパン コーマ スケール)。 ・意識障害を客観的に評価する検査である。...

記事を読む

作業療法と筋力・筋持久力の関連性

作業療法と筋力・筋持久力の関連性

訓練・アプローチしていく上での注意点 基本的に訓練は単調な運動の繰り返しになることが多いため、対象者の理解に努めながら関係性を構築して...

記事を読む

関節可動域(ROM)の原因と制限因子について

関節可動域(ROM)の原因と制限因子について

関節可動域の制限因子の種類 まずは、どのような制限因子があるのか理解を深めていこう。なぜなら治療アプローチの方法は関節可動域の制限因子...

記事を読む

高次脳機能障害に対する就労支援の心得①

高次脳機能障害に対する就労支援の心得①

就労場面で生じる問題 高次脳機能障害の中でも多い注意障害や遂行機能障害がある方の場合、医療機関の訓練場面と実際の職場では「出来ること」...

記事を読む

協調運動障害の症状を身体の部位別に理解する

協調運動障害の症状を身体の部位別に理解する

協調運動障害を診る・確認する 運動は多数の身体の部位(パーツ)が関わって実現している。そのため、その中の一部または身体部位間の協調性に...

記事を読む

原因疾患によって異なる協調運動障害の症状

原因疾患によって異なる協調運動障害の症状

協調運動とは? 運動に関わる筋群の適切な組み合わせ、適切な強さ、適切な時間に活動することにより、円滑で効率的な運動が遂行されているとき...

記事を読む

スポンサーリンク
レグタングル(大)
レグタングル(大)