Katz Index(カッツインデックス)とは?評価方法や点数について解説!

女性介護士に食事を食べさせてもらう高齢者

スポンサーリンク
レグタングル(大)

Katz Index(カッツインデックス)の特徴は?

FIMやBarthel indexと同じ、ADL評価法のひとつです。2000人以上の対象者による統計学的分析から作成されており、信頼性の高いADL評価法になっています。

Katz Indexの特徴は「しているADL」を評価することです。実際にできる場合でも、していない場合はできるとはみなしません。
※ できる能力はあったとしても、動作の遂行を拒否する対象者もできるとはみなしません。

Katz Index(カッツインデックス)の評価項目と評価尺度について

カッツインデックスの評価項目と評価尺度
評価項目は入浴更衣トイレ移動排泄コントロール食事6項目です。この6項目を幾つ自立して行えるかどうかで最終的な評価結果(A~G)を判断することができます。

評価尺度は自立または介助の2段階評価です。注意点として、自立の定義は「監視・指導・介助がない状態」であることに注意しましょう。

Katz Index(カッツインデックス)の検査項目

6つの評価項目に関して、どのような視点で評価(自立 or 介助)をするのか記載します。

入浴
(洗体,シャワー,浴槽に入る)
自立 完全に1人で入浴が可能。または、背部や障害のある手足1ヶ所のみを洗うために介助が必要。
介助 1ヶ所以外にも洗えない部位がある。浴槽の出入りが1人で出来ない。
更衣 自立 タンスや引き出しから衣類を出し、服・コート・装具を身につける。
(ファスナーを閉めることや靴ひもを結ぶことは除外する)
介助 全部または一部の行為動作ができない。
トイレ 自立 トイレに行き、便器に近付いたり離れたり、衣類を操作し、後始末ができる。(夜間のみベッドで便器や自助具を使用してもよい)
介助 トイレの使用に介助が必要、あるいは常にベッドで便器を使用する。
移動 自立 自力でベッドに入り、ベッドから離れる。椅子に腰かけ、椅子から離れる。(自助具を使用してもよい)
介助 ベッドや椅子への移動が1つ以上出来ない。
排泄コントロール 自立 排尿・排便操作が完全に自分で出来る。
介助 完全または不完全な失禁状態。(浣腸・カテーテル・便器・尿器の使用について部分的介助または管理・監視が必要)
食事 自立 食事を皿からとり、口に入れる。
介助 一部または全部の摂食行為が出来ず、介助が必要。

Katz Index(カッツインデックス)の段階付け

評価項目において、自立と判定された数に応じて以下のA~Gに段階付けします。

A 全ての活動が自立(入浴・更衣・トイレ・移動・排泄コントロール・食事)
B 上記の1つを除いて自立
C 入浴および1つを除いて自立
D 入浴、更衣および1つを除いて自立
E 入浴、更衣、トイレおよび1つを除いて自立
F 入浴、更衣、トイレ、移乗および1つを除いて自立
G 6つの機能全てが介助
その他 2つ以上の機能が介助(ただし、C、D、E、Fには分類できないもの)

スポンサーリンク
レグタングル(大)
レグタングル(大)

この記事をシェアする